【ロードバイク】初めてのビンディングペダルの選び方

ロードバイクに乗り始めて少しするとビンディングペダルが気になってきます。
ライド中の信号待ちで、合流した先輩ライダーが青信号になって「パチッ」とビンディングをはめる時に、かっこいい!と感じることでしょう。
しかし、ビンディングペダルも多種多様です。
最初はどんなものを選んだらいいかご紹介しましょう。

ビンディングペダルの効果

ビンディングペダルを使用すると靴とペダルが接続されます。
自転車と体が接続される効果は非常に大きなもので長距離のライドなど圧倒的に楽になります。またスピードもかなり速くなるでしょう。

ビンディングペダルは怖くない

ビンディングペダルを履く前は足は、いざという時に足が外れなかったら危険で怖いと思うことでしょう。
確かに最初は怖いですが1時間も練習すれば意識しなくてもペダルが外せるようになりますので、安心してください。
補助輪がないと横に倒れるのが怖いというのと一緒です。

早めの導入がオススメ

ペダルに足が固定されているということは、ペダリングに制約が生まれます。
そのため、間違ったペダリングができなくなるというメリットもあります。
例えば間違ったペダリングとして踵(かかと)でペダルを踏むといった乗り方はビンディングでは不可能です。
変なペダリングの癖がついてしまう前にビンディングにしてしまいましょう。

ビンディングには種類がある

ビンディングペダルには幾つか種類があり、靴につけるクリートとペダルの種類が一致していないと嵌めることはできません。

ビンディングデビューにはペダル・シューズ・クリートが必要

ビンディング、ビンディングといってきましたが、ペダルを買っただけではビンディングデビューできません。
専用ペダル・専用シューズ・クリートが必要です。
クリートはビンディングペダるに付属で付いていることが多いです。

大きく分けて2つ穴と3つ穴タイプがある

ビンディングペダルはもちろん、ペダルだけでは使用できません。
それに合わせて専用のシューズを購入することができます。
そのシューズの種類が2種類あり、この二つには互換性がありません。

ざっくり言うとロードバイクは3つ穴、MTBは2つ穴

なぜ2種類あるかというと、見出しの通り、ライド目的によってメーカーが出し分けています。
スタンダードなものとして2つ穴はSPDというタイプ、3つ穴は「SPD-SL」「LOOK」「SPEEDPLAY」「TIME」の4種類が多いでしょう。

何もわからなければ「SPD-SL」を選ぶべし

ビンディングの違いは自転車を構成する要素のうち、初心者のうちは影響が小さい箇所になります。
「SPD−SL」というシマノのロードバイク用タイプのビンディングを選択しましょう。

SPD-SLを選ぶ理由としては簡単。一番普及しているからです。いわゆる王道です。
選ぶシューズは三つ穴タイプになります。

「SPD-SL」を選ばない理由

とは言っても、すべての人がSPD-SLを選ぶべきかというとそうではありません。

自転車仲間が他のペダルを使っている

ロードバイクはおいそれと簡単に購入できるものではありません。
もし、先輩ライダーや家族などが別のペダルを使っている場合、合わせておいた方が良いでしょう。
同じビンディングを使用することにより、ちょっと乗ってみるといったことが可能になります。
また、ペダルやクリートなどが共用できるので先輩ライダーが買い替えた古いペダルをもらったりもできるかもしれません。

すでにペダルを持っている

前述したように、ペダルの種類は初心者のうちは影響の少ないパーツです。
わざわざペダルを買い替えてまでSPD-SLにする必要はないでしょう。
ビアンキの一部のモデルなどには最初からLOOKのペダルがついていますね。

かっこいいからSPEED PLAY

これは理解できます。SPEED PLAYのペダルはかっこいいです。
かっこいいは正義です。惚れてしまったなら選ぶべきです。

歩きやすいから「SPD」という選択はミスチョイス

私もSPDとSPD-SLの両方を持っており、シューズも両方持っています。
よく世間で言われているようにSPDの方が歩きやすいです。圧倒的です。
SPD-SLは歩行には向いていません。

SPDを使っているとSPD-SLが欲しくなる

SPDのペダルを使ってロードバイクに乗っているとSPD-SLが欲しくなります。
黒歴史ですが、SPDのペダルでビンディングをはめるときに大きな音が出るような練習もしました。
それぐらいSPD-SLはかっこいいのです。

SPD-SLからSPDという選択しなら悪くない

もちろんSPDペダルがダメかというと全くそんなことはありません。
私も通勤はSPDを使っています。実際のところSPDで十分なんです。

ただ最初にSPD-SLにしておかないと何故十分なのかを理解できないままSLへの憧れで後悔します。
50km以上走るのであればSPD-SLの方が楽ですし自転車との一体感が全然違います。

もしロードバイクを通勤や近所のショッピングにも使いたいのであれば、SPDのペダルで共用するよりもママチャリなどのスペアバイクを購入した方が良いでしょう。

ベテランライダーがSPD-SLからSPDに買い換えるケースも見受けられます。
それは、長い間ロードバイクに乗り、自転車ライフの目的が何なのかが明確に見えているからです。
この目的は最低でも10,000kmぐらいは乗り込まないと見えてこないのが普通です。
「価格が安いから」「歩きやすいから」といった理由で安直に選んでいるわけではありません。

まとめ:ロードに乗ったら早いうちに「SPD-SL」のビンディングを導入するのがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です