セカンドバイクという選択肢

ロードバイクという自転車は非常に楽しいものです。
しかし、当然普通の自転車と違い不便な部分も多くあります。

不便を解消しようとロードバイクをいじり倒す前に

ロードバイクは戦闘機です。普段に乗るのは不便です。フェラーリをイオンの立体駐車場にることを想像してみてください。
それを解消するアイテムも多く販売されています。不便を解消しようとロードバイクにスタンドを付け、フレームに鍵をマウントしてレーパン以外ではお尻が痛いからという理由でサドルカバーをつけ、夜に出かけるときのために前後ライトをつけて、雨上がりに泥がはねるので泥除けをつけて、ハンドルにスマホをマウントして、結果13kgのかっこ悪いロードバイクが完成します。

セカンドバイクという選択肢

ロードバイク用のパーツは安くありません。ライト、スタンドと泥除けと頑丈な鍵をつけた場合、1万円ぐらいの出費になるでしょう。

そうです。これだけ買い揃えるのであれば、ママチャリの価格に肉薄してきます。
確かにロードバイクは100km以上の道のりを走ることができますし、スピードだって30km/h以上で走ることができます。
しかし、近所のコンビニやスーパーで買った食料品を入れるカゴは付いていませんし、スーパーの駐輪場ではスタンドが無いと駐輪が難しいです。また盗難の被害にも合いやすいです。

また、サイクルジャージ・ヘルメット・グローブといった格好で初めてかっこよくなるもので、カジュアルで乗ると突然かっこ悪くなります。

自転車も適材適所で乗り換えるのが美しいです。

ロードバイク乗りにとってセカンドバイクは何を選ぶか?

では、スペアバイクを購入するとしたら、どんな自転車を選べば良いのでしょう?
私は自転車バカなので何種類も持っていますが一番好きなのはロードバイクです。そんな私がオススメする2台目の自転車は「クロスバイク」です。

なぜクロスバイクを選ぶのか?

私はロードバイクが好きになってどこに行くにもロードバイクに乗っていました。
しかしロードバイクは高額でロードバイク専門の盗難組織もあると聞きます。
どれだけ頑丈な鍵をつけたとしても街中に止めておけないのです。
そのため窃盗団に狙われにくいMTBを購入しました。MTBといえば、ロードバイクと並ぶメジャーなスポーツバイクです。自転車ヲタとして乗ったことないとは言えません。
すでに金銭感覚は失っているので、最悪盗難にあっても痛くない7万円程度のMTBを購入しました。(冷静に考えると盗まれて問題ない値段なわけがない)

MTBはスピード感が足りない

MTBを楽しむために山に行ってみたいと思っていました。しかしMTBを楽しむための施設にはレンタルサイクルが併設されている場合が多いです。ロードバイクと違い、日本でスポーツとして成熟しているためMTBは楽しむためのシステムが整っています。

ともあれ、しばらくは通勤でMTBを使っていました。歩道に配置された自転車専用道路を通行するのもサスペンションと低い空気圧、太いタイヤのため快適です。ターゲットになりにくMTBを使っていることで、盗難の心配による心労や精神的負担は軽減されました。

しかしやっぱり自転車として遅い。

これは結構はっきりしていて、クロスバイクに乗った高校生などに抜かれまくります。
もちろんスピードを出す自転車ではないですし自転車専用とはいえ歩道内を走っているので安全な速度で走る私が正解です。

いつも心で「ロードに乗ったらお前らより速いんだからな!」と言い続けました。

ロード乗りなら最初のスペアバイクはクロスバイクが鉄板

そんなこんなでMTBは本気で乗りたければ施設に行き、レンタルすれば良いわけです。
メインがロードである以上、毎週MTBを車に積んで山に行くこともありません。

盗難にあいにくい・多少の砂利道や段差は平気といったクロスバイクが実は丁度いいことに気づきました。
クロスバイクはロードバイク乗りがギリギリ我慢できるレベルの疾走感を残した普段乗り自転車です。

ではロードバイクの代用になるかと言われれば、全くならない。

そういった理由でクロスバイクはロードバイク乗りにとって街乗り最強自転車です。
しかし現在ロードバイクを所有していない方がロードバイクとクロスバイクで悩んでいるならクロスバイクを選ぶべきではありません。悩んでいる以上、必ず上のものを買っておけばよかったと後悔します。
一台しか所有できないという縛りがあるのであれば私は間違いなくロードバイクを選ぶでしょう。

3台目のスペアバイクはママチャリが最適

長い間、ロードバイクに乗っていると自転車に対する考え方が常軌を逸してきます。
3台目のスペアバイクが欲しいと感じるまでに、それほど長い時間は必要ないでしょう。
その頃にはメインバイクも2台目、3台目になっていることでしょうから。

やはりコンビニやスーパーに買い物に行く場合はクロスバイクでもスペックを持て余します。
そして前カゴという存在は神に近いものだと感じることでしょう。

その発想が生まれる頃にはすでに金銭感覚が完全崩壊しているフェーズに立っているので、なぜか安いからといって最高級レベルのママチャリを購入してしまうことになります。

進化し続けるフラッグシップモデルが、わずか7万円!
その後、ガタガタいうだけで不要な泥除けを外し空気入れが面倒だからフレンチバルブのチューブに交換してタイヤが重いからクロスバイク用の少し質の良いものに変え、クソ重いサドルが許せないので余っているサドルを取り付け、、、、

何が何だかわからない乗り物になるでしょう。
でも楽しいと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です