モダンランドナー

2017年になってジロ・デ・イタリアも終盤。最近自転車業界を賑わしている流行にランドナーというものがある。
ランドナーとは「日帰りから2-3泊程度の旅行向けの用途で使われる自転車」のことで、最近多くはクロモリフレームにスレッドステムといったクラシカルなスタイルの自転車を指すことが多い。

ランドナーの発祥は1950年代のサイクリングブームであり、今から70年も前のスタイルを今でも良いものとして継承している。
そのため、現在でもランドナーと呼ばれる自転車は当時のままのスタイルを美しいとしている風習がある。

はたしてクラシカルなスタイルのランドナーは旅に本当に適しているのか?

しかし本来の目的である「日帰りから2-3泊程度の旅行向けの用途」ということであれば70年も前の自転車が最適なはずがない。
例えば、クロモリフレームを選択する目的は過酷な旅の途中でフレームが折れたとしても街の鉄工所で溶接し直せるということらしいが、現代のランドナーでは入手が難しいパーツを使い、当時のスタイルを再現しようとしている。

そのためフレーム以外のトラブルが旅の途中で起こったとしても自転車屋に駆け込んだところで直せない可能性すら高くなっている。
よっぽど運よくビンテージパーツを大量に在庫している専門の自転車屋の前で故障する以外は原則自分で直せない故障はリタイアだ。

クラシカルなスタイルを継承するランドナーは今では旅のお供ではなくノスタルジックで不便な趣味自転車となってしまっている。

現代版の旅自転車、モダンランドナーを考える

ということで本来の目的を見失ってしまったランドナーを現代に再現するのではなく、ランドナーの本質である旅に最適な自転車を現代のテクノロージーで本気で考えるモダンランドナーを提唱したい。

フレームはクロモリからエンデュランス向けカーボンへ

では、どのような自転車が現在旅自転車として最適化を考える必要がある。
当然、フレームはクロモリではなく振動吸収性の高いカーボンフレームを選択することになるだろう。

クロモリフレームもアルミフレームと比較すると疲れにくいという傾向はあるが、最新のエンデュランス用カーボンフレームと比較すると500km以上の距離を走る前提となると雲泥の差だ。

ブレーキはカンチブレーキからディスクブレーキへ

またランドナーの定番ブレーキは泥がつまりにくいと言われているカンチブレーキが主流だが、それも時代遅れの産物。MTBのレースで使われている実績から考えても油圧ディスクブレーキの方が楽なことは乗った経験があれば素人でも明白だろう。そもそも日本を1周するとして未舗装路を走らなければならない場面があるだろうか?

コンポは見た目重視の昔のコンポではなく電動コンポを使うべき

またコンポも同様だ。ランドナーでは見た目のクラシカルさを最重要視するため、ダブルレバーで変速機を切り替えることが定番だ。
またランドナーではボスフリーとクラシカルなディレイラーを使うことが最優先となっており、酷い場合は7速のコンポを使うこともある。
これもブレーキと同様にSTIや電動コンポの方が旅に適している。長距離ライドで握力なんて使わない方が楽しい旅になるだろう。

タイヤは32Cのチューブラーではなく25C〜28C程度のクリンチャーが最適

ランドナーの定番タイヤ幅は32Cでチューブラータイヤを使用する。悪路でもパンクしない耐久性や走破性を考えたら悪くない選択肢だとは思うが、ブレーキの項でも記載したが、まず悪路が日本にほぼ存在しない。70年前とは道が違うのだ。

また当時主流だったチューブラータイヤを使うというのも悪しきノスタルジーでホームセンターで手軽に購入できるクリンチャータイヤを履いておくのが一番安心だろう。650Bなんてもってのほかでタイヤがバーストしたら、入手することは困難だ。

フレームバッグが豊富な現代にキャリアは不要

キャリアにパニアバッグを装着しなくとも現在は大容量のサドルバッグが多数販売されている。
大型のフロントバッグは地図を見ながら走るための必須アイテムであったが、スマートフォンがあればそれも不要だろう。

泥よけも晴天時に舗装路しか走らないなら不要

当たり前のようにランドナーには泥よけが付いているが、ピカピカの泥よけが錆びてしまうから雨の日は乗らないという。
2-3泊程度なら雨天延期してしまう勇気も必要だ。転倒して怪我をしてしまったら元も子もない。
また多少の雨であればアスファルトの上を走るのであれば泥よけはあってもなくても同じだろう。

ダイナモライトは愚の骨頂

ランドナーといえばダイナモライトが定番の装備だ。しかしダイナモライトは走行に当てる出力を発電に使う仕組みで動いているため同じ出力でペダリングした場合、当然進む距離は短くなる。安全面も考慮してUSB充電のLEDライトにしておくべきだろう。

現代のパーツを組み合わせればランドナーより旅に適した自転車が作れる

このようにランドナーは今となっては旅に適した自転車ではありません。クラシックカーでドライブに出かけるようなものです。
クラシックカーとキャンピングカーもしくはワンボックスカーのどちらの自動車での旅が快適化を考えれば同じこと。

自転車で旅をする=ランドナーではなく、本当に必要な装備はなんなのかを考えてから自転車を組むことが大事です。

コメント コメントを追加

  1. 大間 より:

    古いタイプの「ランドナー」が
    現状ベターではないのはそうですが、
    幹線道路ばかり走るのではく
    旧街道や田舎の細道を走るなら
    アスファルトが痩せてざらざらになった道も多いので
    32mmタイヤは楽ですよ

    てか32mmのチューブラーがランドナーの定番って
    初めて目にしましたけど…

  2. master より:

    大間さん
    コメントありがとうございます。現代にランドナーというジャンルが存在していないなと思って書いた記事です。
    エンデュランスロード、シクロクロスやアドベンチャーロードなど色々ありますが、どれも当時のランドナーの目的と少し違っている様な気がしています。
    悪路を走ることが目的であればいいのですが、自分は貧脚なので太いタイヤは疲れてしまうんですよね。今は25Cのタイヤで1泊2日で300km〜400kmぐらいは走りますけどパンクが不安になったことはないですね。予備チューブ使ったら最寄りのホームセンターを探すという感じです。

  3. 大間 より:

    お返事ありがとうございます。
    私も貧脚ですが、路面からの振動で
    身体や主に腕が疲れないように太目のタイヤを好みます。
    今は太いタイヤでもラテックスやチューブレスで軽くできますし。

    > 今は25Cのタイヤで1泊2日で300km〜400kmぐらいは
    こういう旅なら幹線道路メインでしょうから
    25~28mmの細い軽いタイヤを選びます。

    といいつつ今つくってるのは
    650B*42mmでアスファルト走行メインのロングライドバイクですがw
    四国の山の中なんか、28cでもはまるグレーチングが多くて
    疲れて日が暮れてくるとうっかり落ちることがあるのと
    地図だけ見て面白そうな道をつないでルートどりするため、
    思わぬダートや路面整備が放棄されてる道にあうので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です