クロモリロード BIANCHI ANCORAを組む

投稿日:

タイトルの通りですが、サイズがぴったりの中古フレームが安く売っていたので衝動買いしました。
我が家にはBianchiは何台買ってもOKというルールがあります。
Bianchiはインテリアとして映えるので乗っても乗らなくても家に置いておいてもいいという理由です。

Bianchiは飾っておく人が多いのか状態が非常に良い

中古のBianchiを購入するのは2台目なのですが、こちらも届いてみると非常に状態がいい。
これだけ綺麗であれば、もちろん室内保管でしょうし、走行距離で1000kmいってないんじゃないかと思うレベルです。
ネット通販だったので状態が少し気になりましたが、届いて確認したら満足できる状態でした。

フレームから組むのは初めての挑戦

実は結構メンテナンスをしているのでロードバイクの中で取り外しを行ったことがないパーツはほとんどありません。
しかしフレームから組むのは初めてです。組む自信がないわけではないですがドキドキします。

ステムとBBとリアディレイラーがくっついてきた

BianchiのAncoraはフレーム単体販売していないので完成車バラしの中古になります。
そのため、前の持ち主が流用しなかったであろうパーツが付属してきました。
4500系のTiagraリアディレイラーと6600系のULTEGRAのBB、そして純正と思われるステムが付いています。
他にも純正と思われるカンチブレーキの下の部分のみという謎のパーツも付いていました。

Bianchi Ancoraは11速の5800系105で組もうかと思う

現在、我が家にある自転車は8速が2台と10速が3台(MTB含む)あります。
実は11速は1台もないのです。しかし、今から10速を組むのはパーツも全て中古で手に入れる必要があり、少し面倒。
なのでランドナーのフレームなのに我が家で最速の11速デビューです。

サラリーマンのお小遣いで組んでいくので、少しづつにはなると思いますが、年内に乗れるようになればいいかな。

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です