Bianchi Ancoraコンポーネントの構成を考える

さて、クランクが出来上がったBianchiのAncoraですがコンポの構成を検討していきたいと思います。

目的は宿泊も視野に入れた旅の自転車

自転車をカテゴライズした場合、クロモリフレームであるBianchi Ancoraは重量級のフレームになります。
そのため、ヒルクライムやレースに最適化されたような構成ではなく、荷物をガシガシ積んで旅に行く自転車にしたいと思います。
そうなると高価な軽量パーツは必要ありません。
コンポのメーカーですが、見た目的にはクロモリフレームにはカンパニョーロのコンポが似合うのですが我が家の自転車全てがシマノのコンポで構成されているため、故障時に他の自転車とのコンポ流用性を考えてシマノを選択します。

シマノ11速でコストパフォーマンスが高い105を中心に構成

我が家の自転車は10速が3台、8速が2台で構成されています。
しかし今から新しく組むのに11速以外の選択肢はありません。初めての11速自転車になります。

11速コンポの中では一番安い105を中心に組みたいと思います。
ULTEGRAやDuraAceにしなかった理由は予算的な問題もありますが、仮に無尽蔵な予算があったとしても105を選択したことでしょう。
エントリーグレードのフレームにULTEGRAやDuraAceをつけているとコンポ馬鹿という印象になってしまい美しくありません。
ユニクロにLouis Vuittonのバッグを合わせているファッションをイメージしてしまいます。

中古で購入しました。

リアディレイラーは新型ULTEGRAのRD-R8000を使いたい

105を中心にと言いましたが、リアディレイラーだけは新型のULTEGRAを使います。
その理由はシャドーデザインだからです。旅自転車ということで壁に立てかけたり、極端な話、倒れてしまうケースも想定されます。
カーボンフレームと違い耐久性が高いこともクロモリフレームの魅力なので、その耐久性をさらに高めるためにシャドーデザインのリアディレイラーをチョイスします。

フロントディレイラーは家にあまってたFD-6800を

またしても105を中心と言っておきながらULTEGRAですが、以前購入して寝かせておいたFD-6800が家にありますのでフロントディレイラーはFD-6800を使います。105を使う理由がコストパフォーマンスなので家にあるのに新しいディレイラーを購入していては本末転倒ですのでね。

実はブレーキも・・・

そろそろ105を中心というのはやめにしようかと考えているところですが、実はブレーキも105ではありません。
カンチブレーキ仕様なので105がラインナップされていません。
中古のフレームなので購入した時に付いてきたカンチブレーキをそのまま流用します。
メーカー不明ですがBianchi純正だと思うのでTektro 992AGだと思います。
チドリ部分が付属していなかったのでシマノのチドリを購入。通販で買うと異常に高いので近所の自転車屋さんで購入しました。

まとめ:コンポはフレームに見合ったものを

やはりコンポは目的に応じたものを選ぶべきで、とにかくいいものを選べばいいとは思わないです。
ユニクロの駐車場にレクサスが停まってると悲しい気分になります。
自転車はレーススポーツでもありますが、大人の趣味なので道具選びも醍醐味ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です