Bianchi Ancoraブレーキは右前?右後ろ?

さてパーツも揃ったので組み上げて行きますが自転車乗りにとって永遠の課題があります。

基本的にブレーキは右後ろ前提にパーツが作られている

ということでタイトルにもありますが、ブレーキの前後をどちらのレバーで引くかというのが問題です。
日本の自転車(ママチャリ含む)はほとんど右レバーで前のブレーキを引きます。
性能に関しても利き手である右で細かい操作をする前ブレーキを引くということが理にかなっています。
しかしヨーロッパでは、特にレースシーンでは右手で後ろのブレーキを引く方が主流です。

右手で後ろのブレーキを引くことのメリットを改めて考えてみました。

右後ろブレーキはブレーキワイヤリングが綺麗

BianchiのAncoraは全てのパーツ構成を見た目重視で選んできました。
多少の性能ダウンは見た目ダウンより辛いです。
ただしワイヤリングが綺麗なのはキャリパーブレーキやVブレーキの場合です。
カンチブレーキは基本的にワイヤーがセンターを通りますので右前でも右後ろでもワイヤリングは変わらないです。

右後ろブレーキは通っぽい

これも自分にとっては大事なことです。私は自転車オタクですから様式美には大きくこだわります。
どちらでも全く特性が一緒であれば玄人っぽい方を選択したいです。
ママチャリと違うことがしたいんです。ヨーロッパでは右が後ろなんだよってドヤ顔で言いたいんです。

右後ろブレーキはメンテナンスが楽

これは非常に重要なことで基本的にメンテナンスやら調整やらカスタムは全て自分で行います。
後ろのギアが右手についているので右のレバーだけで変速調整とブレーキングが可能です。
メンテナンスをする人ならわかると思いますが、右前ブレーキの場合、調整のためにホイールを回した時ブレーキをかけるには反対側のレバーを触らなければいけません。
これが結構めんどくさい。実際に組んでみて右手だけで後ろの駆動系の調整が可能なのは非常に楽でした。

まとめ:自分でメンテナンスするなら右後ろブレーキがオススメ

もちろん初心者は右前ブレーキを推奨します。ブレーキは本能的に判断する場合が多いです。
その際に前後ブレーキを間違えると命を落とす危険すらあります。
しかしある程度慣れていれば自然と前後ブレーキは間違えなくなります。
左ハンドルの自動車を運転しているのと変わらない印象です。ウィンカーとワイパーを間違えて出すことは1ヶ月で無くなります。
ブレーキの前後を入れ替えたら1ヶ月ぐらいは近所のポタリングだけにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です