1,000km走ってわかったクロモリフレームのいいところ

BianchiのAncoraを組み上げて1000kmぐらいは走りました。
カーボンバイク、アルミバイクも所有しているノンレーサーライダーとしてクロモリフレームのロードバイクについて語りたいと思います。

重量へのこだわりが消える

もともとフレームが重いクロモリフレームを選択することによって、重量を優先するパーツや荷物の選び方をしなくなりました。機能性やファッション性など重量増のために犠牲にしていた部分に気が回るようになりました。
とにかく荷物を少なくしてライドに出るということがなくなったので、カメラを持って行ったりモバイルバッテリーを持って行ったりとライドの幅が広がったように感じます。

スピードへのこだわりが消える

カーボンフレームのロードバイクは速く走るために研ぎ澄まされたマシンです。
それに比べてクロモリフレームは重くて反応が悪くて、すなわち遅いです。

スピードを追求しないため景色を楽しんだり、自転車に乗るという行為自体を楽しめるようになりました。
どうしたら速く走れるのかを常に考えてトレーニングを重ね(重ねていないから遅くて悩んでいましたが・・・)る生活から解放されました。

遅くてもいいんだと思うだけのことが、こんなに自転車ライフを変えるとは思いませんでした。

クロモリの乗り心地最高!は幻想

よく言われるクロモリフレームはしなるからアルミやカーボンと比べて乗り心地がいいと雑誌などでは紹介されています。実際のところ、そんなことはなく全体のパーツ構成の中でフレームが占める割合は小さなものです。

乗り心地を追求するのであれば、エンデュランスのカーボンフレームにZONDAなどの柔らかい乗り心地のホイール、そして太めのタイヤを履けばいいと思います。
もし乗り心地を最重視して自転車を組んでくれと言われたらフレームにはクロモリをチョイスしないでしょう。
今であればSpecializedのROUBAIXかTREKのDomaneをベースに構成した方が世間で幻想されているクロモリに求められている乗り心地に近づくと思います。

ただし前述したように何かを追求した走りをしなくなりますので精神的に乗り心地が楽になるということはあると思います。

やはり初心者が1台目に選ぶべき素材じゃない

前述したように、ロードバイクが欲しいと最初に思う時には軽量な自転車でかっ飛ばしたいという欲求が強いと思います。そんな気持ちの初心者がクロモリフレームを手に入れたとしても、すぐにアルミやカーボンの自転車が欲しくなるでしょう。

フラッグシップモデルのカーボンフレームを所有しているユーザーが次に選ぶ選択肢として、もしくはカーボンの自転車にもう一台プラスするような用途としては非常にオススメですが、初心者がロードバイクの世界に入り込むと言った用途には全く向きません。

一台めやフレームのアップグレードの余地があるユーザーは素直にカーボンやアルミの自転車を選ぶべきです。
ましてや安いクロモリフレームは乗り心地すらアルミに劣ります。乗り心地で言えば、下手なカーボンや安価なクロモリと比べてCannondaleのCAAD Optimoの方が振動が少なく感じますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です